プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1383' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
61

天皇賞展望

1番人気がはたしてどの馬になるのかさえ見当がつかない今年の天皇賞。ウォッカ、ダイワスカーレット、ディープスカイの三頭のうちの何れかだろうが、メイショウサムソンが出走するなら、また人気が割れることとなる。人気馬の一角ウォッカだが、前走の毎日王冠は珍しく逃げた。これは暴走なのか、意図したことなのか。ちょっと穿った見方をしてみる。ウォッカの最大のライバルはダイワスカーレット。ダイワスカーレットは、どのレ... 1番人気がはたしてどの馬になるのかさえ見当がつかない今年の天皇賞。<br /><br />ウォッカ、ダイワスカーレット、ディープスカイの三頭のうちの何れかだろうが、メイショウサムソンが出走するなら、また人気が割れることとなる。<br /><br />人気馬の一角ウォッカだが、前走の毎日王冠は珍しく逃げた。<br />これは暴走なのか、意図したことなのか。<br />ちょっと穿った見方をしてみる。<br /><br />ウォッカの最大のライバルはダイワスカーレット。<br />ダイワスカーレットは、どのレースにおいても、逃げて自らレースのペースを作る。決して早くはないペースを作り、最後は33秒台の足で決める。後続馬にとっては、逃げられて、上がり33秒台の足を使われてはどうしようもない。<br /><br />このダイワスカーレットの戦法に勝つには、ダイワスカーレットと同じ戦法で臨むしかない。<br />武豊は、毎日王冠で、ダイワスカーレットの戦法を試してみたのではないか。<br />最後はスーパーホーネットに差されたが、それでも逃げて上がりに33秒8の足を使っている。<br />『これはいける』と武豊も陣営も思ったかもしれない。<br />本番は好位につけての競馬になるだろうが、前で競馬をしても、ダイワを差すことが可能な手応えを掴んだことだろう。<br /><br />一方ダイワスカーレットは、7ヶ月の休み明けが最大の不安材料。<br />これまで10戦して一度も連対を外していないが、ここらあたりで外すのではないか…というのが、競馬マスコミのおおかたの見方。<br />競馬マスコミの予測というのは外れるのが常。<br />やはりダイワスカーレットは強かった…となることも。<br />ただ、逃げても上がり33秒台の足を使っていたダイワが、ここ3戦はそれほどでもないというのが気になるところ。<br /><br />ディープスカイは初めての古馬との対決になる。<br />ウォッカと同じく東京コースに絶対の自信を持つ。<br />しかし今年の3歳牡馬自体のレベルはどうなのか。これがまだサッパリわからない。持ちタイムでは古馬の一線級から見劣ることは否めない。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a><br><br><a href="http://02s.rknt.jp/jyonetsu/">情熱競馬!</a><br><a href="http://ranking.froute.jp/hp/in.php?id=gamble2&r=enen">週刊ギャンブル</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-28 (Tue)
  • Category : コラム
60

菊花賞後述

『この馬は菊花賞を勝てる』と厩舎関係者が、オウケンブルースリのデビュー当時から言っていたのを今日思い出した。昨日思い出していても、2着のフローテーションを馬券対象馬予想に加えていなかったので意味はないが…馬券対象馬予想の最後の一頭をピックアップする時に、シゲルフセルトにするか、フローテーションにするか随分と悩んだのだが、苦労馬シゲルフセルトの菊花賞出走までの経緯にほだされてしまったことが悔やまれる... 『この馬は菊花賞を勝てる』と厩舎関係者が、オウケンブルースリのデビュー当時から言っていたのを今日思い出した。<br /><br />昨日思い出していても、2着のフローテーションを馬券対象馬予想に加えていなかったので意味はないが…<br /><br />馬券対象馬予想の最後の一頭をピックアップする時に、シゲルフセルトにするか、フローテーションにするか随分と悩んだのだが、苦労馬シゲルフセルトの菊花賞出走までの経緯にほだされてしまったことが悔やまれる。<br /><br />オウケンブルースリだが、厩舎関係者が語っていたように、『菊花賞を勝てる』そして実際に勝ったのには、いくつかの幸運が重なったのではないだろうか。<br /><br />ノットアローンの暴走で、前半の1000mが58秒台という、とても3000mのレースとは思えないペースが作り出されたこと。これでは前に行く馬に勝ち目はなくなる。後ろからくる馬に有利な展開となった。<br /><br />そしてやはり大きいのは、ディープスカイとブラックシェルの菊花賞回避。<br />オウケンブルースリにとっては、『菊花賞を勝って下さい』というお膳立てが整った。<br /><br />それを逃さず勝ち取ったオウケンもまた、実力があってこその菊花賞戴冠だった。<br /><br />さて、今週は天皇賞。出走予定馬をみると、ワクワクするような顔触れが揃った。秋の天皇賞も荒れるレースではある。<br />今週一週間もまた、情報収集に没頭したい。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a><br><br><a href="http://02s.rknt.jp/jyonetsu/">情熱競馬!</a><br><a href="http://ranking.froute.jp/hp/in.php?id=gamble2&r=enen">週刊ギャンブル</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-27 (Mon)
  • Category : コラム
59

菊花賞見解

前売りオッズで1番人気はオウケンブルースリの4.1倍。それほど抜けた人気にはなっていないようだ。ただでさえ混戦模様の今回の菊花賞に、先週の秋華賞の大波乱の余韻がまだ競馬ファンに残っているのか、18頭もいながら、人気薄の馬でもビックリするようなオッズではない。まずは、いつものように調教◎の馬から。アグネススターチ、ロードアリエス、スマートギア、マイネルチャールズ、スマイルジャック、ミッキーチアフル、ヤマニ... 前売りオッズで1番人気はオウケンブルースリの4.1倍。それほど抜けた人気にはなっていないようだ。<br />ただでさえ混戦模様の今回の菊花賞に、先週の秋華賞の大波乱の余韻がまだ競馬ファンに残っているのか、18頭もいながら、人気薄の馬でもビックリするようなオッズではない。<br /><br />まずは、いつものように調教◎の馬から。<br />アグネススターチ、ロードアリエス、スマートギア、マイネルチャールズ、スマイルジャック、ミッキーチアフル、ヤマニンキングリー、ダイワワイルドボアの8頭。<br /><br />まずはこの中からアグネススターチを切る。前走、神戸新聞杯と同じコース、同じ距離の兵庫特別で勝ってはいるが、いくら馬場が緩かったとはいえ、スローペースだった神戸新聞杯にこのタイムを当て嵌めると、神戸新聞杯組17着のメイショウクオリアのタイムからまだ1秒5遅い。ここで馬券に絡むとは考えにくい。<br /><br />次にスマートギアを切る。上がりの足が確実に使えるのは魅力だが…前走で負かしたタマモナイスプレイが京都土曜日の9Rをすんなり勝っていれば、この馬の評価も上げたかったが、まだもたついているタマモに僅差で勝った前走を高く評価はできない。<br /><br />次にミッキーチアフルを消す。この馬は逃げ、先行が身上だが、逃げ宣言をしているアグネススターチや、前で競馬をしたいノットアローンに比べると一枚は落ちる。<br /><br />次にダイワワイルドボアも切る。前走のセントライト記念は確かに好内容だったが、前々走でオウケンブルースリとの決着は着いている。オウケンブルースリを物差しにした場合、0.6秒差の負けは大きい。<br /><br />さて、これで調教◎の馬は4頭になった。ここから馬券対象馬予想に加える馬を挙げていきたい。<br /><br />まずはナムラクレセント。前走神戸新聞杯でもよく伸びてきている。そこに陣営の『デキは今までで1番』というコメントを聞くと、食指が動く。<br /><br />次に関東馬栗東滞在効果を狙ってベンチャーナインを加える。前走の上がりの足はオウケンブルースリに次いで二番目のタイム。ゲートに難はあるが、菊花賞の距離では問題ない。<br /><br />菊花賞で1番人気は不振という不吉なデータもあるが、オウケンブルースリを加える。末足を身上とするこの馬が、一度も33秒台がないというのも気になるところではあるが…<br /><br />最後にシゲルフセルト。3歳馬ながら、18戦という古馬なみの戦歴に敬意を表して加える。<br /><br />以上を整理すると、馬券対象馬予想は以下のようになる。<br />ナムラクレセント、ロードアリエス、マイネルチャールズ、スマイルジャック、ヤマニンキングリー、シゲルフセルト、オウケンブルースリの7頭。<br /><br />混戦の菊花賞。大荒れの匂いもプンプンするが、なんとか予想が的中することを願う。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a><br><br><a href="http://02s.rknt.jp/jyonetsu/">情熱競馬!</a><br><a href="http://ranking.froute.jp/hp/in.php?id=gamble2&r=enen">週刊ギャンブル</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-26 (Sun)
  • Category : コラム
58

菊花賞展望

秋華賞は歴史的大荒れで決着が着いた。ここまで大荒れになると、ただ苦笑するしかない。宝くじのような馬券が当たるはずもなく、これからもただ自分の予想スタイルを淡々と続けていくしかない。さて、秋華賞は天災が起こったとでも思い、思考は菊花賞へと。今年の菊花賞も荒れムード。本来堅いレースではないところに、皐月賞馬とダービー馬の不在。有力ステップレースの神戸新聞杯の1着馬はもちろん、2着馬も不在。ほとんど横一... 秋華賞は歴史的大荒れで決着が着いた。<br /><br />ここまで大荒れになると、ただ苦笑するしかない。<br /><br />宝くじのような馬券が当たるはずもなく、これからもただ自分の予想スタイルを淡々と続けていくしかない。<br /><br />さて、秋華賞は天災が起こったとでも思い、思考は菊花賞へと。<br /><br />今年の菊花賞も荒れムード。本来堅いレースではないところに、皐月賞馬とダービー馬の不在。有力ステップレースの神戸新聞杯の1着馬はもちろん、2着馬も不在。<br />ほとんど横一線の争いではないだろうか。当日の1番人気はオウケンブルースリで決まりだろう。神戸新聞杯の1着、2着馬がいないのであれば、この馬がそのまま本番で勝ってもおかしくない。レースぶりを見ていても、一番強い競馬をしていた。現時点で菊花賞の有力候補筆頭であることは間違いない。<br /><br />昨年の菊花賞を振り返ってみる。<br /><br />『牝馬がダービーに出走』していなければ、アサクサキングスはダービー馬だった。アサクサキングスは、その後菊花賞馬になった。<br />今年のダービー1着馬と3着馬が不在なら、そのまま前に押し出されれば、ダービー1着馬がスマイルジャック、ダービー2着馬がマイネルチャールズとなる。この二頭も有力候補になる。<br /><br />今年のダービーの見解記事で、馬券対象馬予想にスマイルジャックを加えた。まさか当日12番人気だとは思いもしなかったが…<br />ダービー見解記事の中で書いたが、この馬は皐月賞出走をかけたスプリングSに、陣営はメイチの仕上げをした。調教師によると、『本番の皐月賞にこの仕上げで臨みたかったが、皐月賞に出走することが大前提。しかたがない…』との談話だった。<br />メイチの仕上げ後の反動があったのか、皐月賞は惨敗。しかしダービーは出走権利を得ていたため、ダービーにメイチの仕上げで臨むことができた。<br />その結果2着と健闘。<br />今回、スマイルジャックは当然メイチの仕上げで菊花賞に臨んでくる。前走の神戸新聞杯は、陣営も計算済みで、休み明けのガス抜き程度の出走くらいにしか思っていないのではないだろうか。皐月賞の轍を踏まないためにも。<br />今年の最初のG1、フェブラリーSから続いていた関西馬12連勝が、先週の秋華賞で関東馬ブラックエンブレムが勝ったことにより途切れた。ブラックエンブレムは関東馬ながら栗東トレセンに滞在して調教を積んできた。栗東トレセン効果と言えなくもない。<br />今回、同じく関東馬スマイルジャックも僚馬ベンチャーナインと共に栗東トレセンに滞在している。<br />陣営の、菊花賞に対する意欲の顕れではないだろうか。<br />まだ調教が行われていないため、なんとも決めがたいが、スマイルジャックは馬券対象馬予想候補の一頭にあげようと思っている。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a><br><br><a href="http://02s.rknt.jp/jyonetsu/">情熱競馬!</a><br><a href="http://ranking.froute.jp/hp/in.php?id=gamble2&r=enen">週刊ギャンブル</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-22 (Wed)
  • Category : コラム
57

秋華賞見解

まずは調教◎の馬から。ソーマジック、リトルマポーラ、トールポピー、レジネッタの4頭。ソーマジックは休養明けのぶっつけ本番になるが、状態は万全。なんといっても桜花賞3着馬。オークスでも不利を受けながら、勝馬とはコンマ6秒差。秋華賞では鬼門の内枠だが、大崩れはないとみて馬券対象馬予想に残す。絶対に外せないエフティマイア。前走のクイーンSの敗因は調整不足に尽きる。オークスからなんとプラス24Kの馬体重で出走。... まずは調教◎の馬から。<br />ソーマジック、リトルマポーラ、トールポピー、レジネッタの4頭。<br /><br />ソーマジックは休養明けのぶっつけ本番になるが、状態は万全。なんといっても桜花賞3着馬。オークスでも不利を受けながら、勝馬とはコンマ6秒差。秋華賞では鬼門の内枠だが、大崩れはないとみて馬券対象馬予想に残す。<br /><br />絶対に外せないエフティマイア。前走のクイーンSの敗因は調整不足に尽きる。<br />オークスからなんとプラス24Kの馬体重で出走。それでも勝馬とはコンマ4秒差、レジネッタとはコンマ1秒差である。<br />桜花賞からオークスへかけてはプラス12Kだが、これは成長分と見るべき。<br />今回は必ず絞っての出走になるだろうが、もしレース前の馬体重で大幅な馬体重減がなければ、この馬に勝ち目はない。<br />馬体重大幅減を前提として馬券対象馬予想に加える。<br /><br />次にリトルアマポーラ。桜花賞では2番人気、オークスでは1番人気の馬だったのである。桜花賞では5着ながら勝馬とはコンマ2秒差。今回のメンバーの中で、桜花賞では上がりが最速。オークスでは出遅れ、そして不利を受けるという、踏んだり蹴ったりのレースだった。普通に走れれば、勝ちさえあるのではないだろうか。<br /><br />次にマイネレーツェル。ローズSの勝馬であることも誇らしいが、桜花賞、オークスと確実に伸びてきている。オークスではこの馬が一番不利を受けた。あれさえなければ馬券対象になっていただろう。毎回乗り手が変わるという不安も今回はなく、ローズSと同じ川田騎手が騎乗するのも心強い。<br /><br />次にトールポピー。この馬の取捨に一番悩んだ。先のローズS見解の記事でも書いたが、なにせ限りなく黒に近い灰色のオークス馬である。ローズSの馬券対象馬予想からも外したかったが、とりあえずオークスで1番に入線した事実だけはあるわけで、馬券対象馬に加えた。今回も一応調教◎ということもあって、馬券対象馬に加える。<br /><br />次にレジネッタ。やはりこの馬は外せない。近走で複勝圏内から外れたことのない馬、そして桜花賞馬。外す理由がない。<br /><br />最後にオディール。大崩れしたのは桜花賞のみ。その他の重賞では必ず上位争いをする。レジネッタと共に安定感は抜群。<br /><br />以上を整理してみると以下のようになる。<br /><br />ソーマジック、エフティマイア、リトルアマポーラ、マイネレーツェル、トールポピー、レジネッタ、オディール。<br /><br />人気どころばかりの抽出になったが、この中のどの馬が勝ってもおかしくない。<br />あとは展開がどの馬に有利になるかと、鞍上の手綱捌き一つで大きく変わるだろう。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a><br><br><a href="http://02s.rknt.jp/jyonetsu/">情熱競馬!</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-19 (Sun)
  • Category : コラム
56

デイリー杯2歳S後述

秋華賞の見解は今夜アップするとして、あまりの驚きに、自分自身記録として残しておくために記事を書いておく。今日のデイリー杯2歳Sは驚きの結果だった。前走阪神の1800mでレコード勝ちしたホッコータキオンが、ゴール前でクビ差シェーンゥァルトにかわされた。勝ったシェーンヴァルトは又してもレコード勝ち。しかもJRAレコードにコンマ2秒差。いったい今年の2歳馬のレベルはどこまで高いのか。負けたとはいえ、ホッコータキ... 秋華賞の見解は今夜アップするとして、あまりの驚きに、自分自身記録として残しておくために記事を書いておく。<br /><br />今日のデイリー杯2歳Sは驚きの結果だった。<br /><br />前走阪神の1800mでレコード勝ちしたホッコータキオンが、ゴール前でクビ差シェーンゥァルトにかわされた。<br /><br />勝ったシェーンヴァルトは又してもレコード勝ち。しかもJRAレコードにコンマ2秒差。<br /><br />いったい今年の2歳馬のレベルはどこまで高いのか。<br /><br />負けたとはいえ、ホッコータキオンはクビ差。つまりホッコータキオンもほぼレコードタイム。<br /><br />普通レコードが生まれる状況は、何頭かの馬が競ってハナを奪い、ペースが速くなり、前の馬がバテたところで後ろからの馬がかわしてレコードに繋がる。<br />何頭かの相乗効果でレコードになるのだが、今日のホッコーは、スタートと同時にハナをきり、ゴール前でかわされるまで逃げた。<br /><br />つまり、ホッコータキオン一頭で作ったレコードと言って過言ではない。<br /><br />『負けて強し』とはまさにこのことだ。<br /><br />レコード勝ちした馬をまたレコードで被せる。<br /><br />何度言うようだが、これが2歳馬でだ。<br /><br />今年のFSや、ラジオNIKKEIが今から楽しみでしかたない。<br /><br />これ以上にまた凄い馬が現れ、そのまま来年のクラシック戦線に突入して欲しいものだ。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a><br><br><a href="http://02s.rknt.jp/jyonetsu/">情熱競馬!</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-18 (Sat)
  • Category : コラム
55

秋華賞展望

昨年はダイワスカーレットとレインダンスの馬連5880円が的中し、美味しい思いをさせてもらった秋華賞。毎年この時期になると、ギャンブル運のバイオリズムが起伏するのか、秋華賞と菊花賞は相性が良い。昨年の菊花賞も軸馬をアサクサキングスにするか、アルナスラインにするかで迷った末にアルナスラインに決め、結局アサクサ、アルナスのワンツーで馬連を的中。毎年のこの時期は懐が温かくなるのだが…果たして今年はどうなること... 昨年はダイワスカーレットとレインダンスの馬連5880円が的中し、美味しい思いをさせてもらった秋華賞。<br />毎年この時期になると、ギャンブル運のバイオリズムが起伏するのか、秋華賞と菊花賞は相性が良い。<br />昨年の菊花賞も軸馬をアサクサキングスにするか、アルナスラインにするかで迷った末にアルナスラインに決め、結局アサクサ、アルナスのワンツーで馬連を的中。毎年のこの時期は懐が温かくなるのだが…果たして今年はどうなることやら…<br /><br />秋華賞の見解は土曜日においておくとして、まずは展望を。<br /><br />このレース、1番人気、2番人気が堅実な走りをする。<br />過去10年のデータでも1番人気(2-2-2-4)、2番人気(6-1-1-2)となっている。<br /><br />昨年のようにヒモ穴のレインダンスが飛び込むことがあるが、レインダンスは秋華賞近走で安定した早い上がりの足を使っていた。2着に飛び込むにもちゃんとした裏付けがあった。<br /><br />秋華賞が行われる京都2000mはコーナーを4回通過するコースで、ペースは緩みやすい。<br />先行有利だが、差し馬も結構連対している。ただ、直線が短いため、中途半端な差し足を持った馬では届かない。<br /><br />馬券対象馬予想は人気どころと、人気薄でもあがりの早い差し足が安定して使える馬を抽出することを頭に入れておきたい。<br /><br />秋華賞の上位を争う条件として絶対に欠かせないのが、ローズS組であるということ。<br />ステップレースの一つ、紫苑Sだが、このレースはやはりレースとしてのクオリティが低い。<br />過去10年で30頭が出走してわずか2頭が3着に入ったのみ。<br />秋華賞の馬券対象馬予想からは迷わず紫苑S組は消す。<br />また条件戦からの抽選で出走した馬も分が悪い。しかし紫苑S組よりもまだ好走しているため、予想の対象にわずかだが残しておく。あとはクイーンS組からの抽出となる。<br /><br />さて、ローズS組からの出走メンバーだが、やはり春のクラシック戦線を戦ってきた馬達には安定感がある。マイネレーツェルやムードインディゴに先着を許したが、レース当日は土砂降りの雨。発表は重馬場だが、ほとんど不良馬場。足元の悪い状況での展開のアヤもあったと思う。<br />また、ワンツーを決めたマイネレーツェルにしろムードインディゴにしろ、結果は決してフロックなどではない。<br />昨日今日の条件戦からの『パッと出』などではなく、2歳時からその実力を見せ付けてきた馬達である。<br /><br />今年の大波乱の700万馬券が飛び出した桜花賞を振り返ってみると、レジネッタにしろエフティマイアにしろ、今思えば2歳時からの実力の裏付けはあったのだ。<br />つまり実力馬が実力通りに走った結果があの大万馬券になっただけのことだ。あとはそのレースの展開のアヤに尽きる。<br /><br />今回の秋華賞がどのような展開になり、どの馬に幸運をもたらすかはわからないが、実力と実績の裏付けのある馬達にしか幸運は巡ってこないだろう。<br /><br />つまり、今年の3歳牝馬戦線は二階建てで、2歳時からその名を轟かせた馬達がいる二階部分と、床の板一枚ではなく、誰も居住していない中二階を挟んで一階部分にその他の馬達が犇めきあう状態なのだ。<br />二階部分に居住する馬達の実力は高いレベルで拮抗している。展開ひとつで、どの馬にもチャンスはある。<br /><br />このブログの馬券対象馬予想は土曜日に更新するが、できればレース直前に更新したいほど。二階に居住するどの馬が勝ってもおかしくないため、あとは当日の馬体重の絞り具合で厩舎の意気込みを読み取りたい。<br />また、展開のアヤに左右される公算が大きいため、騎手も予想の大きなファクターになることは言うまでもない。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a><br><br><a href="http://02s.rknt.jp/jyonetsu/">情熱競馬!</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-17 (Fri)
  • Category : コラム
54

デイリー杯2歳S展望

秋華賞の記事ももちろんアップするが、もうひとつの注目レースを取り上げてみる。デイリー杯2歳S。来年のクラシック戦線を賑わす若駒達が初重賞に挑む。このレース、近年でもキャプテントゥーレ、タケミカヅチ、ローレルゲレイロ、マルカシェンク、スーパーホーネットなど、現在でも一線級で活躍する馬達が上位組に名を連ねる。このレースの中から、来年以降のG1で人気を集める馬が出てくるのは間違いない。まず1番人気になる... 秋華賞の記事ももちろんアップするが、もうひとつの注目レースを取り上げてみる。<br /><br />デイリー杯2歳S。来年のクラシック戦線を賑わす若駒達が初重賞に挑む。<br /><br />このレース、近年でもキャプテントゥーレ、タケミカヅチ、ローレルゲレイロ、マルカシェンク、スーパーホーネットなど、現在でも一線級で活躍する馬達が上位組に名を連ねる。<br /><br />このレースの中から、来年以降のG1で人気を集める馬が出てくるのは間違いない。<br /><br />まず1番人気になるであろうホッコータキオン。前走の野路菊賞でレコード勝ち。レコード勝ちだから当たり前なのだが、そのタイムが破格の1分46秒8。<br /><br />一方、そこそこ人気をするであろう武豊騎乗のアラシヲヨブオトコの前走の上がり3Fが33秒4で、阪神コースでは優秀。しかし勝ちタイムは1分51秒5。<br /><br />同じ阪神の1800mのコースを走って4秒7もの差がある。この差は一ヶ月やそこらで縮めることは到底不可能な差だ。<br /><br />野路級賞はわずか10頭の出走。他馬とそう競いあうこともない。レースを終始引っ張って、逃げ切りでレコード勝ち。しかも古馬の強者が疾駆した阪神の1800でだ。<br /><br />これを2歳馬がやってのけたことに驚く。<br /><br />果たして、レースはどのような展開で運ぶかわからないが、このホッコータキオンが、よほどの不利がない限り馬券対象から外れることは到底考えにくい。<br />『レコード勝ち2走目の凡走』という縁起でもない格言があるが、無事にレースを終えれば、来年以降のG1戦線を賑わせる一頭になるだろう。今年の3歳重賞戦線を席巻したアグネスタキオン産駒だけに、その期待は膨らむ。<br /><br />当日はホッコータキオンのレースぶりに注目したい。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-15 (Wed)
  • Category : コラム
53

毎日王冠見解

まずは調教◎の馬から。ウオッカ、オースミグラスワン、フィールドベアー、リキッドノーツ。以上4頭。全く死角が見つからないウオッカ。得意の東京コースで、水を得た魚のようにゴール板を駆け抜けに違いない。末足勝負ではウオッカに引けをとらないオースミグラスワン。追い込み一辺倒のレースぶりだが、東京コースの長い、そして広い直線はこの馬にお誂えむき。ウオッカに勝つシーンも十分に考えられる。北海道で重賞を2着、3... まずは調教◎の馬から。<br />ウオッカ、オースミグラスワン、フィールドベアー、リキッドノーツ。<br />以上4頭。<br /><br />全く死角が見つからないウオッカ。得意の東京コースで、水を得た魚のようにゴール板を駆け抜けに違いない。<br /><br />末足勝負ではウオッカに引けをとらないオースミグラスワン。追い込み一辺倒のレースぶりだが、東京コースの長い、そして広い直線はこの馬にお誂えむき。ウオッカに勝つシーンも十分に考えられる。<br /><br />北海道で重賞を2着、3着、と差のない競馬をこなしての東京入り。東京コース未経験という不安はあるが、調教の動きは好調の証。勝ちきることはないと思うが、馬券に絡んでくるかもしれない。<br /><br />リキッドノーツ。かなり長い休み明けにはなるが、調教の本数はかなりこなしている。東京コースは相性がよく、13番人気ながら2着に入り、大穴の片棒を担いだ東京新聞杯の再現なるか。<br /><br />ここからが調教◎以外からの抽出になる。<br /><br />まずはキャプテンベガ。前走の朝日CCでコンマ2秒差の3着。厩舎関係者の話では、『前走よりも状態は上』とのこと。超良血馬がそろそろ本領を発揮するかもしれない。<br /><br />照準は天皇賞ではなくマイルCSなのだろうスーパーホーネット。1800mという距離はぎりぎりの守備範囲。このレース、ペースは若干スローと予測される。直線に入ってヨーイドンの末足勝負になるだろう。そうなった時にも対応出来る足はある。<br /><br />取捨に困るのがカンパニー。レースの主導権を握るのがこの馬しか見当たらない。カンパニーがレースのペースを作っていくのだろうが、問題は東京コース。過去7レース走って、連対が一度もない。東京コースは苦手としている。ここは見送りか。<br /><br />穴を空けるとすればサンライズマックスか。このコースで前走重賞勝ちというところだけで馬券対象馬予想に加えたい。<br /><br />以上を整理すると馬券対象馬予想は以下の馬達になる。<br /><br />スーパーホーネット、ウオッカ、キャプテンベガ、オースミグラスワン、リキッドノーツ、フィールドベアー、サンライズマックスの7頭。<br /><br />このレース、大きく荒れることは考えにくい。スローペースからの上がり勝負。<br />はたしてどの馬が末足を爆発させるか楽しみだ。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-12 (Sun)
  • Category : コラム
52

凱旋門賞とオリンピックに思うこと

昨日のスプリンターズSは反省しきり。自己嫌悪に陥るほど。これまで調教重視できた予想スタイルだったはずが、調教◎のキンシャサノキセキを消したのは、データに翻弄されたにほかならない。確かに、データはそのレースを予想するうえで重要なファクターであることに変わりはないが、今回のレース予想に関しては、いつもよりデータに偏りすぎていたような気もする。今週の毎日王冠と京都大賞典の予想をする上で、大いに自戒したい... 昨日のスプリンターズSは反省しきり。<br /><br />自己嫌悪に陥るほど。<br /><br />これまで調教重視できた予想スタイルだったはずが、調教◎のキンシャサノキセキを消したのは、データに翻弄されたにほかならない。<br /><br />確かに、データはそのレースを予想するうえで重要なファクターであることに変わりはないが、今回のレース予想に関しては、いつもよりデータに偏りすぎていたような気もする。<br /><br />今週の毎日王冠と京都大賞典の予想をする上で、大いに自戒したい。<br /><br /><br />メイショウサムソンが凱旋門賞で10着に敗れた。<br />これがサムソンの、いや、世界での日本馬の実力なのだろ。<br /><br />スタートして間もなく、他馬に大きく寄られ、人馬共に立ち上がるような不利を受けた。<br /><br />日本の競馬なら、この時点で直ぐさま『審議』のランプが点灯するのだろうが、そこは世界の厳しさ。何事もなかったかのようにレースは終了した。<br /><br />オリンピックや、世界規模のスポーツ大会を見ていて思うが、日本の選手は、日本という温室で育ったため、どうもメンタルな部分が弱い。<br /><br />ある程度の技術を身につけた後は、メンタルの勝負なのだ。<br /><br />日本のお隣りの韓国は、日本の人口の半分にも満たない。がしかし、北京五輪でのメダルの数は日本よりも多い。日本人と体格は変わらないにもかかわらずだ。<br /><br />例え話が飛躍するが、アメリカで起こったロス暴動の際、在米日本人などは怯え逃げ惑う。しかし在米韓国人などは、テレビでも何度も放映されたように、拳銃を持って黒人の暴漢達に立ち向かう。<br /><br />この違いなのだ。<br /><br />世界へ出た時のメンタルの強さで勝負は決まる。<br /><br />日本の野球が北京五輪で負けた時、プロ野球解説者などは『日の丸や日本の野球のプライドなど背負っているものを意識しすぎた』というが、それは的外れな見解だ。<br /><br />例えば、アフリカなど開発途上国の女子陸上選手などは、国を背負い、国民全ての期待を背負っている。また、オリンピックで勝てば、家族全員が貧困から脱出できる。温室育ちの日本の選手からは想像すら出来ないほど大きなものを背負ってオリンピックに出場してくるのだ。そして結果を出す。<br /><br />どんなに大きなものを背負っていても、結果を出せるメンタルの強さが大事なのだ。<br /><br />北京五輪での野球韓国戦の時、キャッチャーの矢野は、藤川にボールを返球する際、マウンドまでボールが届かない場面があった。緊張で体が強張っているのだ。阪神ファンのオレが、あえて辛辣に言うが、矢野も藤川もノミの心臓だった。<br /><br />技術にメンタルが伴ってこそ実力が発揮できる。<br /><br />話を凱旋門賞に戻すが、競馬関係者は『世界に通用する馬を育てる』と言うが、騎手のメンタル面を軽視していないか。<br /><br />今回の凱旋門賞のように、寄られたから下がるのではなく、進路妨害よろしく逆に寄って進路をこじ開けるくらいの気概がほしいものだ。<br /><br />凱旋門賞優勝という、日本の競馬関係者と競馬ファンの悲願の達成には、日本の競馬騎手のメンタル面での向上が欠かせないのではないだろうか。<br /><br /><br />こう書いていながら、競馬予想をした後、レースが始まるまでドキドキしてしまう自分がいる。<br /><br />大金を張った時など心臓が破裂するんじゃないかと思う。(笑) <br /><br />競馬に立ち向かうためには、もっとメンタルを鍛えないと…と、自戒する。(笑)<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a></CENTER><br /><br /><br />
  • Date : 2008-10-06 (Mon)
  • Category : コラム
51

スプリンターズS見解

まずは調教◎の馬から。ジョリーダンス、トウショウカレッジ、ビービーガルダン、スリープレスナイト、キンシャサノキセキ。まずはこの調教◎の馬からジョリーダンスは消す。前走のセントウルSで4着と好走したが、この馬もここまで。牝馬の7歳でG1の掲示板に載ることは難しい。スプリンターズSが今の時期に開催されるようになってからの8年。この8年のデータから、前走札幌や函館からの遠征帰りで連対した馬は皆無。このデー... まずは調教◎の馬から。<br />ジョリーダンス、トウショウカレッジ、ビービーガルダン、スリープレスナイト、キンシャサノキセキ。<br /><br />まずはこの調教◎の馬からジョリーダンスは消す。前走のセントウルSで4着と好走したが、この馬もここまで。牝馬の7歳でG1の掲示板に載ることは難しい。<br /><br />スプリンターズSが今の時期に開催されるようになってからの8年。この8年のデータから、前走札幌や函館からの遠征帰りで連対した馬は皆無。このデータがなくてもキンシャサノキセキはもちろん消すが、ビービーガルダンを消すのは惜しい。というのも、安藤勝騎手のコメントを聞いていると、どうも自信ありげに聞こえてくる。このレースで絶対にハナをきりたいウエスタンビーナスやエムオーウイナー、それに控えるスリープレスナイト。その後で好位に付けるだろう安藤勝騎手だが、『どの位置からでもレースは出来る』と、早くからコメントしているのが気になるのだ。勝ちきることはないと思うが3着くらいまでなら滑り込んでもおかしくない。<br /><br />トウショウカレッジも同じく札幌からの遠征帰り組であることから消す。また、過去8年の連対馬16頭の内、14頭が重賞勝ち実績があるということからも、トウショウカレッジを後押しするデータは何もない。<br /><br />この時点で調教◎組から馬券対象馬予想に残ったのはビービーガルダンとスリープレスナイト2頭。<br /><br />ここから馬券対象馬予想に加える馬を挙げていきたい。<br /><br />まずはやはりファイングレイン。前走の凡走でここまで人気が落ちるのか、と思うほど。前売りの単勝オッズはスズカフェニックスと共に8.9倍。前々走でG1高松宮記念を勝った馬がこの単勝オッズとは…。しかし高松宮記念勝ちの馬のスプリンターズSでの成績は芳しくなく、人気を落とす原因のひとつかもしれない。<br /><br />スズカフェニックスもかつてのスプリント王の看板も色あせるような近走。しかし先日の記事にも書いたが、鞍上が横山というのが魅力だ。はたして横山騎手がどのようにスズカフェニックスを捌くのか、実に楽しみだ。<br /><br />ファイングレインにしろスズカフェニックスしろ、レースが終わってみると、『やはりG1馬は強かった』というのはよくある話で、この2頭は外せない。<br /><br />次にカノヤザクラ。調教での動きは精彩を欠くものだったが、セントウルS勝ちの看板は大きい。上がりの足も安定感がある。<br /><br />ほとんど上記の馬達でレースは決まると思うが、先日も書いたシンボリグランを加えたい。重賞タイトルはないが、カノヤザクラと一緒のレースだと頑張ってしまう、その愛嬌に免じて馬券対象馬予想に加える。(笑)<br /><br />以上を整理すると、馬券対象馬予想は以下のようになる。<br /><br />ファイングレイン、シンボリグラン、カノヤザクラ、スズカフェニックス、ビービーガルダン、スリープレスナイトの6頭。<br /><br />昨夜、珍しく競馬の夢をみた。夢の中ではファイングレインとスリープレスナイトのワンツーフィニッシュだったのだが…はたしてどうなるやら。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-05 (Sun)
  • Category : コラム
50

スプリンターズS展望

今日の段階ではまだ馬券対象馬予想は出来ないが、スズカフェニックスの追い切りがイマイチだったようだ。武豊が騎乗するなら迷わず消しになるのだが、鞍上が横山に乗り替わるのは魅力だ。差し、追い込み一辺倒だったカンパニーを、先行策に切り替え同馬を復活させたのも横山。先週のオールカマーでも、それまで短距離路線を歩んできたキングストレイルでまさかの逃げ戦法。まんまと2着に粘り込んだ。今回、調教でスズカフェニック... 今日の段階ではまだ馬券対象馬予想は出来ないが、スズカフェニックスの追い切りがイマイチだったようだ。<br />武豊が騎乗するなら迷わず消しになるのだが、鞍上が横山に乗り替わるのは魅力だ。<br />差し、追い込み一辺倒だったカンパニーを、先行策に切り替え同馬を復活させたのも横山。<br />先週のオールカマーでも、それまで短距離路線を歩んできたキングストレイルでまさかの逃げ戦法。まんまと2着に粘り込んだ。<br />今回、調教でスズカフェニックスに騎乗し、『どんなレースもできそうな、イメージ通りの馬でした』という意味深な横山騎手のコメント。<br />横山騎手の頭の中には、これまで差し、追い込み一辺倒のスズカフェニックスにも、先行策でいこうという腹積もりもありそうな口ぶりではある。<br />しかし、いかんせんスズカフェニックスはスタートが唯一の弱点。スタートさえうまく決めれば、上がりの足は安定して発揮する。<br />前走のセントウルSも、上がりはスピニングノアールと共に最速。<br />鞍上が名手横山に乗り替わって、はたしてうまくスタートが切れるかどうか。<br />勝機があるなら、課題はその一点に尽きる。<br />今回は間違いなく人気を落とすであろうスズカフェニックス。馬券的妙味はある。<br /><br />人気はしないだろうが、シンボリグランがおもしろい。<br />この馬、カノヤザクラと一緒のレースだと頑張ってしまう。<br />サッパリのレースが続いていた同馬だが、カノヤザクラと一緒に走ったアイビスSDでカノヤの2着で穴をあけ、前走も11番人気ながらカノヤザクラの2着に滑りこんで穴をあけた。<br />どうも、よほどカノヤザクラにイレ込んでいるようだ。(笑)<br /><br />そこそこの人気にはなるだろうが、ビービーガルダンは外せないだろう。<br />連勝が続いていたが、前走は僅差の2着。しかし勝ったタニノマティーニはレコード勝ち。札幌の洋芝で1分8秒のタイムは特筆に値する。<br />今回も前に行くだろうが、他に前へ行きたい馬もいる。安藤勝騎手のコメントによると『中団からでも競馬は出来る』そうだ。<br /><br />栗東の坂路1番時計をマークしたトウショウカレッジ。展開がはまれば怖い一頭となる。<br /><br />この他にももちろんファイングレイン、カノヤザクラもいる。馬券対象馬予想は土曜日には更新したいが、それまでデータに首っ引きで悶絶するに違いない。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級<br>競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br><br><a href="http://ranking.m.livedoor.com/?.s=20235">ランキングエントリー中!</a></CENTER><br /><br />
  • Date : 2008-10-02 (Thu)
  • Category : コラム
49

クラブケイバ登録受付中

携帯の競馬サイトランキングとしては日本最大級の『クラブケイバ』。ブログは、パソコンよりも携帯から閲覧するユーザーのほうが圧倒的に多くなった昨今です。アクセスアップに携帯ユーザーは欠かせない時代です。そこで、競馬ブログを是非『クラブケイバ』に登録して頂き、携帯ユーザーからのアクセスアップに役立てて下さい。パソコンからも登録できます。日本最大級のモバイル競馬サイトネットワーククラブケイバ競馬ブログ登録... 携帯の競馬サイトランキングとしては日本最大級の『クラブケイバ』。<br /><br />ブログは、パソコンよりも携帯から閲覧するユーザーのほうが圧倒的に多くなった昨今です。<br />アクセスアップに携帯ユーザーは欠かせない時代です。<br /><br />そこで、競馬ブログを是非『クラブケイバ』に登録して頂き、携帯ユーザーからのアクセスアップに役立てて下さい。<br /><br />パソコンからも登録できます。<br /><br /><CENTER><a href="http://02.rknt.jp/entry.php?in_id=taisyo&id=clubk">日本最大級の<br>モバイル競馬サイトネットワーク<br>クラブケイバ</a><br /><br />競馬ブログ登録受付中!<br /><br />
  • Date : 2008-10-01 (Wed)
  • Category : コラム
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。