プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1383' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
111

天皇賞展望

荒れるレースというイメージが定着し始めた天皇賞春。今年も混戦模様だ。『このメンバーなら勝てるかもしれない』と、厩舎の思惑があるのだろう。どうやら今年は多頭数の天皇賞となりそうだ。過去のデータでは、多頭数の天皇賞は確実に荒れる。関東馬にとっても、久々の盾奪取に虎視眈々といったところか。今年の関東馬では、スクリーンヒーローやジャガーメイルといった有力どころがいる。この2頭は結構人気を集めるだろうが…今... <br /><br />荒れるレースというイメージが定着し始めた天皇賞春。<br /><br />今年も混戦模様だ。<br /><br />『このメンバーなら勝てるかもしれない』と、厩舎の思惑があるのだろう。<br /><br />どうやら今年は多頭数の天皇賞となりそうだ。<br /><br />過去のデータでは、多頭数の天皇賞は確実に荒れる。<br /><br />関東馬にとっても、久々の盾奪取に虎視眈々といったところか。<br /><br />今年の関東馬では、スクリーンヒーローやジャガーメイルといった有力どころがいる。<br /><br />この2頭は結構人気を集めるだろうが…<br /><br />今年の天皇賞はゴールデンウイークの真っ只中。<br />大渋滞の高速道路を長時間も馬運車に揺られ、京都に着くころには馬もグッタリとすることに違いない。<br /><br />マイネルキッツは、ゴールデンウイークの大渋滞を見越して、早めに栗東へ乗り込んでいる。<br /><br />現在のところ、関東馬で、早めの栗東入りをしている馬が他にいるかどうかわからないが、人間でもグッタリとする長時間の車の旅が、はたして関東馬にどのような影響を与えるのか。<br /><br />香港までの長旅を経験したジャガーメイルは残すとして、スクリーンヒーローあたりはバッサリと切るのもおもしろいかもしれない。<br /><br /><CENTER>日本最大モバイル競馬サイトポータル<BR><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR><A HREF="http://vmz.jp/hp/">競馬サイトBEST300</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br /><br />
  • Date : 2009-04-29 (Wed)
  • Category : コラム
110

フローラS見解

まずは調教◎馬。ミクロコスモス、ワイドサファイア、ハシッテホシーノの3頭。先週の教訓もあり、調教◎馬はそのまま馬券対象馬予想に残す。新たに馬券対象馬予想に加えるのが、まずはディアジーナ。札幌のコスモス賞で大敗したものの、あとは堅実な走り。赤松賞で、一度は負けたダノンベルベールにも、クイーンCできっちりと負かすところが勝負強い。次にラークキャロル。ここ2戦の末足が素晴らしい。2000mを経験しているのも強... <br /><br />まずは調教◎馬。<br /><br />ミクロコスモス、ワイドサファイア、ハシッテホシーノの3頭。<br /><br />先週の教訓もあり、調教◎馬はそのまま馬券対象馬予想に残す。<br /><br />新たに馬券対象馬予想に加えるのが、まずはディアジーナ。<br />札幌のコスモス賞で大敗したものの、あとは堅実な走り。<br />赤松賞で、一度は負けたダノンベルベールにも、クイーンCできっちりと負かすところが勝負強い。<br /><br />次にラークキャロル。<br />ここ2戦の末足が素晴らしい。2000mを経験しているのも強み。東京の長い直線で、後ろから飛んでくるのは、この馬かミクロコスモスか。<br /><br />次にマイティースルー。チューリップ賞は若干負けすぎの感もあるが、フェアリーSでは桜花賞3着のジェルミナルと0.6秒差。1600mの持ちタイムは、今回のメンバーの中では最速。<br />厩舎関係者のコメントが強気なことも後押しする。<br /><br />次にピースエンブレム。こちらも同じく2000m経験馬。人気は今ひとつなのだが、こちらも厩舎関係者は強気のコメント。<br /><br />以上を整理すると、馬券対象馬予想は以下のようになる。<br /><br />ラークキャロル、ミクロコスモス、ピースエンブレム、ワイドサファイア、マイティースルー、ハシッテホシーノ、ディアジーナの7頭。<br /><br />前売りでは、ほしのあき人気もあってか、ハシッテホシーノがかなり人気しているようだ。<br />新馬戦ではミクロコスモスに完敗しているが、果たしてその後の成長度はどうか。このへんもレースの見所ではある。<br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br />
  • Date : 2009-04-26 (Sun)
  • Category : コラム
109

皐月賞後述

「木っ端微塵」とはまさにこのこと。予想は大惨敗に終わった。三月以降にレースをこなしていること、というデータは生きていたが、前々走が未勝利戦の連対馬は皆無、というデータはトライアンフマーチによって破られた。レースのペースも予想に反して早く、後ろからの馬が掲示板を独占した。ロジユニヴァースはスタートから行き足がつかず、1コーナーで馬群にのまれて万事休す。今年も関東馬の皐月賞戴冠は叶わなかった。というよ... <br /><br />「木っ端微塵」とはまさにこのこと。<br /><br />予想は大惨敗に終わった。<br /><br />三月以降にレースをこなしていること、というデータは生きていたが、前々走が未勝利戦の連対馬は皆無、というデータはトライアンフマーチによって破られた。<br /><br />レースのペースも予想に反して早く、後ろからの馬が掲示板を独占した。<br /><br />ロジユニヴァースはスタートから行き足がつかず、1コーナーで馬群にのまれて万事休す。<br /><br />今年も関東馬の皐月賞戴冠は叶わなかった。<br /><br />というよりも、掲示板は関西馬が独占した。<br /><br />しかし強かったのはアンライバルド。<br /><br />あの、あのブエナビスタを負かした馬だけのことはあった。<br /><br />まさにアンライバルド。<br /><br />「ライバルはいない」ということだろう。<br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br />
  • Date : 2009-04-19 (Sun)
  • Category : コラム
108

皐月賞見解

まずはいつものように調教◎馬から。ロジユニヴァース、リクエストソング、トライアンフマーチ、アーリーロブスト、フィフスペトル、セイウンワンダー、、アンライバルド、リーチザクラウンの8頭。これだけでも相当の数だが、馬券対象馬予想から消す馬の作業と追加の作業をしながら一頭づつ吟味していきたい。まずはロジユニヴァースは残す。最内枠に入ったのが唯一のマイナス材料だが、それ以外は否の打ち所がない。関東馬の復権を... <br /><br />まずはいつものように調教◎馬から。<br /><br />ロジユニヴァース、リクエストソング、トライアンフマーチ、アーリーロブスト、フィフスペトル、セイウンワンダー、、アンライバルド、リーチザクラウンの8頭。<br /><br />これだけでも相当の数だが、馬券対象馬予想から消す馬の作業と追加の作業をしながら一頭づつ吟味していきたい。<br /><br />まずはロジユニヴァースは残す。<br />最内枠に入ったのが唯一のマイナス材料だが、それ以外は否の打ち所がない。<br />関東馬の復権を担う期待の馬。<br />過去10年のデータでは関東馬はやや劣勢だが、ここ1、2年でその勢力図にも変化の兆しがある。<br />ダイワメジャー以来の関東馬皐月賞戴冠の可能性は十分にある。<br /><br />次にリーチザクラウンは消す。<br />先の記事にも書いたが、過去10年のデータで、連対馬20頭の内、19頭が三月以降にレースをこなしている。<br />きさらぎ賞からの直行組の皐月賞活躍は厳しい。<br />また、大外枠で、かかり癖のある馬が、大観衆が見つめるほぼ正面スタンド前からのスタートというのも大きなマイナス材料だ。<br /><br />リーチザクラウンを消すなら、この馬も自動的に消えるのがリクエストソング。<br />もうすでにリーチザクラウンとの力関係は決着済み。<br />ここで馬券に絡んでくるとは到底考えにくい。<br /><br />次にトライアンフマーチを消し、ベストメンバーを新たに加える。<br />若葉Sの1、2着馬だが、トライアンフマーチは若葉Sの前が未勝利を勝ち上がったばかり。<br />過去のデータで、前々走が未勝利戦だった馬の連対は皆無。<br /><br />一方ベストメンバーは、皐月賞と同じ中山の2000mの寒竹賞の勝ちタイムが優秀。<br />この時のタイムを今回も叩き出せれば、結果は馬券に絡む。<br /><br />次にアーリーロブストは馬券対象馬予想に残す。<br />この馬がなぜこれだけ人気が無いのか首を傾げる。<br />前走はロジユニヴァースに差を開けられたが、レース後、福永騎手のコメントによると、緩い馬場にのめっていたとのこと。<br />良馬場なら、ロジユニヴァースとの差はない。<br />また、次に挙げるナカヤマフェスタに、中山の2000mで勝っていることも大きい。<br /><br />リーチザクラウンの切り捨て理由と矛盾するが、ナカヤマフェスタを馬券対象馬予想に加える。<br />休み明けの馬の皐月賞での成績は目を覆うばかりたが、この馬は全くの休み明けとは意味が違う。<br />弥生賞出走を予定し、その週の水曜日追い切りはこなしていた。<br />ただ歩様がおかしいということと、追い切りに乗った蛯名騎手が、気合いが足りないとの理由で、弥生賞を回避したのである。<br />一度は体を作っているし、その後の乗り込みも十分。<br />また、以前にも書いたが、レベルの高かった東スポ杯勝ちに大きな意味がある。<br />負かした相手が、ブレイクランアウト(共同通信杯1着)、サンカルロ(ニュージーランドT1着)。どちらも重賞を制覇している。<br />東スポ杯は人気薄のナカヤマフェスタだったが、京成杯2着で、フロックではないことを証明した。<br /><br />次にフィフスペトルは馬券対象馬予想に残す。<br />なんといっても朝日杯の2着馬。<br />安藤勝騎手の談話によると、今回は距離がギリギリなのだそうだが、馬込みにいれ、じっと待機する戦法でいくという。<br />最後の直線勝負となれば、末足が活きるのではないだろうか。<br /><br />次にセイウンワンダーを切る。<br />朝日杯優勝馬なのだが、弥生賞のレース見解でも書いたとおり、朝日杯はラッキーな勝ちだった。<br />道中内々をロスなく通り、直線で前がポッカリと開いた。<br />セイウンワンダーに、勝って下さいというような展開になったのだ。<br />鞍上の岩田騎手の好騎乗が勝利をもたらしたように思う。<br /><br />その岩田騎手が、セイウンワンダーを捨て、アンライバルドを選択した。<br />もちろんアンライバルドは馬券対象馬予想に残す。<br />先週のブエナビスタの勝ちっぷりを見ると、この馬を馬券対象馬予想から外す理由がない。<br />あの、あのブエナビスタを負かした馬なのだから。<br /><br />最後に配当妙味からモエレエキスパートを加える。<br />札幌2歳Sではロジユニヴァースと0.4秒差、弥生賞でもロジユニヴァースと0.5秒差と食い下がっている。<br />転厩初戦のシンザン記念は惨敗だったが、そろそろ美浦の環境にも慣れてきたのではないだろうか。<br />上積みを期待したい。<br /><br />以上を整理すると、馬券対象馬予想は以下のようになる。<br /><br />ロジユニヴァース、ベストメンバー、ナカヤマフェスタ、アーリーロブスト、フィフスペトル、モエレエキスパート、アンライバルドの7頭。<br /><br />前売りでは予想どおりロジユニヴァースが1番人気。<br /><br />ロジユニヴァースがスタートで出遅れるようなことがあれば、馬群に包まれて波乱が起きるかもしれない。<br /><br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br /><br />
  • Date : 2009-04-18 (Sat)
  • Category : コラム
107

ロジユニヴァースに死角はあるのか

皐月賞の枠順が発表され、ロジユニヴァースは最内枠に入った。レース本番では1番人気に間違いなくなるであろうロジユニヴァースだが、同馬に死角はあるのだろうか。出走馬を見渡して、これといった逃げ馬がいない。リーチザクラウンが逃げ戦法を取ると思いきや、リーチザクラウンの橋口調教師が、今回は控える競馬をすると公言。そうなると、サトノロマネあたりが玉砕覚悟で逃げるかもしれない。ロジユニヴァースは、これまでの4... <br /><br />皐月賞の枠順が発表され、ロジユニヴァースは最内枠に入った。<br /><br />レース本番では1番人気に間違いなくなるであろうロジユニヴァースだが、同馬に死角はあるのだろうか。<br /><br />出走馬を見渡して、これといった逃げ馬がいない。<br /><br />リーチザクラウンが逃げ戦法を取ると思いきや、リーチザクラウンの橋口調教師が、今回は控える競馬をすると公言。<br /><br />そうなると、サトノロマネあたりが玉砕覚悟で逃げるかもしれない。<br /><br />ロジユニヴァースは、これまでの4戦の中で、最多頭数のレースが札幌2歳Sの14頭。<br /><br />今回の18頭もの多頭数で最内に入ると、外からかぶせられるのを絶対に避けなければならない。<br /><br />スタート後はハナを切る勢いで出て、逃げ馬がいなければ、そのまま弥生賞のように先頭を切ることも考えられる。<br /><br />スタートを上手くこなせればの話だが。<br /><br />このレース、決して早くはならないだろう。<br /><br />ペースが平均以下なら、弥生賞の再現は十分に考えられる。<br /><br />逃げて良し、控えて良しのロジユニヴァースだが、今回ばかりは最内枠に入ったため、控える競馬は馬群に包まれたままで終わるリスクが大きいため、どうしてもスタートよく前へ行くことが絶対条件となる。<br /><br />なかなか死角が見つからないロジユニヴァースだが、スタートを1完歩でも遅れれば、波乱はあるかもしれない。<br /><br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br /><br />
  • Date : 2009-04-17 (Fri)
  • Category : コラム
106

皐月賞連対馬の間隔データ

過去10年の皐月賞データの中で、興味深いデータがある。過去10年の連対馬20頭のうち19頭が、三月以降に出走レースがある。19頭全てが中5週以内の間隔なのだ。3着以内を見ても、ジャングルポケットが二ヶ月半、フサイチホウオーが二ヶ月の間隔で出走し、3着。この2頭しかいない。名馬ジャングルポケットにしても、休み明けでは辛かったということか。このデータから見ると、アントニオバローズ、シェーンヴァルト、ナカヤマフェ... <br /><br />過去10年の皐月賞データの中で、興味深いデータがある。<br /><br />過去10年の連対馬20頭のうち19頭が、三月以降に出走レースがある。<br /><br />19頭全てが中5週以内の間隔なのだ。<br /><br />3着以内を見ても、ジャングルポケットが二ヶ月半、フサイチホウオーが二ヶ月の間隔で出走し、3着。<br /><br />この2頭しかいない。<br /><br />名馬ジャングルポケットにしても、休み明けでは辛かったということか。<br /><br />このデータから見ると、アントニオバローズ、シェーンヴァルト、ナカヤマフェスタ、リーチザクラウンにはかなり厳しいということになる。<br /><br />データだけで馬券対象馬を選ぶなら、ひとつの素材とはなる。<br /><br />もうひとつ、2走前に未勝利を勝ったばかりの馬は連対がない。<br /><br />ゴールデンチケット、トライアンフマーチ、ミッキーペトラには厳しいデータだ。<br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br /><br />
  • Date : 2009-04-15 (Wed)
  • Category : コラム
105

皐月賞展望

3強対決が注目の今年の皐月賞だが、やはりロジユニヴァースが抜けた存在のようだ。戦績を見ても否の打ち所がない。逃げて良し、控えて良し。自在に対応出来ることが、中山の小回り2000mにもうってつけ。ただ、皐月賞は荒れるレース。小回りコースで18頭もが鍔ぜり合いを繰り広げれば、展開次第では馬群から抜け出られないことも考えられる。当日の二番人気はアンライバルドになるのではないか。確かに強い馬ではあるが、前走のス... <br /><br />3強対決が注目の今年の皐月賞だが、やはりロジユニヴァースが抜けた存在のようだ。<br /><br />戦績を見ても否の打ち所がない。<br />逃げて良し、控えて良し。<br />自在に対応出来ることが、中山の小回り2000mにもうってつけ。<br /><br />ただ、皐月賞は荒れるレース。小回りコースで18頭もが鍔ぜり合いを繰り広げれば、展開次第では馬群から抜け出られないことも考えられる。<br /><br />当日の二番人気はアンライバルドになるのではないか。<br />確かに強い馬ではあるが、前走のスプリングSの勝ちタイムが、同日の未勝利戦の勝ちタイムより1秒も遅い。展開によるものではあるが、これをどう見るか。<br /><br />当日の三番人気はリーチザクラウンになるだろう。<br />しかし、この馬はラジオ日経で、ロジユニヴァースに完敗し、新馬戦においてもアンライバルドに負けている。<br />また、518→508→504→500と、レースを使うごとに馬体重が減っているのも気になる。<br />ここ10年の皐月賞データでも、きさらぎ賞組は複勝圏内にも入っていない。<br />リーチザクラウンに関しては、調教後の馬体重と気配によっては、馬券対象馬予想から外すこともあるかもしれない。<br /><br />ロジユニヴァースの当面のライバルをこうやって見ると、ロジユニヴァースのブッチギリのレースになることも考えられる。<br /><br />伏兵馬で気になるのがナカヤマフェスタ。以前にも書いたが、東スポ杯が非常にレベルの高いレース。このレースを勝っている意味は大きい。<br />今回は休み明けになるが、調教の動きに注目したい。<br /><br />2歳チャンピオンのセイウンワンダーだが、主戦ジョッキーの岩田騎手がアンライバルドを選択したことにより、この馬に用無しといったところか。<br /><br />そこそこ人気しそうなのがリクエストソング。この馬はきさらぎ賞ではリーチザクラウンに負け、スプリングSではアンライバルドに負け、すでに力関係に決着がついているのではないか。<br /><br />フィフスペトルが魅力ある。<br />なんといっても朝日杯2着馬で前走は休み明けで3着。<br />上積みは必ずある。<br /><br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br />
  • Date : 2009-04-14 (Tue)
  • Category : コラム
104

桜花賞見解

まずは調教◎馬から。ダノンベルベール、ブエナビスタ、イナズマアマリリス、ジェルミナル、レッドディザイアの5頭。この中からダノンベルベールを切る。今回の決め事として、3枠以内は馬券対象馬予想には加えない。阪神の1600mは内外の枠に有利不利がないのだが、この桜花賞に限っては3枠以内の連対率が極めて悪い。内枠に気になる馬が揃っていて、食指も伸ばしたくなるが、過去のデータを信じて、ここは思いきって切る。調教◎馬が... まずは調教◎馬から。<br /><br />ダノンベルベール、ブエナビスタ、イナズマアマリリス、ジェルミナル、レッドディザイアの5頭。<br /><br />この中からダノンベルベールを切る。<br /><br />今回の決め事として、3枠以内は馬券対象馬予想には加えない。<br /><br />阪神の1600mは内外の枠に有利不利がないのだが、この桜花賞に限っては3枠以内の連対率が極めて悪い。<br />内枠に気になる馬が揃っていて、食指も伸ばしたくなるが、過去のデータを信じて、ここは思いきって切る。<br /><br />調教◎馬が4頭になるが、それはそのまま馬券対象馬予想に残す。<br /><br />新たに馬券対象馬予想に加えるのが、まずはルージュバンブー。<br />チューリップ賞組が比較的活躍する桜花賞というデータもあるが、ブエナビスタとは0.4秒差。上がりの35.0も優秀。<br /><br />同じくチューリップ賞2着のサクラミモザも馬券対象馬予想に加える。<br />相手がブエナビスタでなければ、チューリップ賞は完全に逃げ切っていただろう。<br />今回は逃げ宣言をしている馬が他にいるため、若干控える競馬になるかもしれないが、ゴール前での粘りを期待したい。<br /><br />次にカツヨトワイニングを加える。<br />末足勝負になると、この馬にも一発がある。前走1200mを走った馬はデータ的な後押しが全くないのだが、配当妙味で加えておきたい。<br /><br />最後にレディルージュ。休み明け2走目の上積みがかならずやあると思う。<br />阪神JFの成績はいただけないが、それを度外視すれば、そこそこやれるのではないだろうか。<br /><br />以上を整理すると、馬券対象馬予想は以下のようになる。<br /><br />サクラミモザ、ブエナビスタ、レディルージュ、イナズマアマリリス、カツヨトワイニング、ルージュバンブー、ジェルミナル、レッドディザイアの8頭。<br /><br />前売りオッズではブエナビスタが単勝1.2倍。2番人気か単勝16倍というから、ブエナビスタの圧倒的人気になっている。<br /><br />しかし、ここはもうブエナビスタでしかたないのではないか。<br /><br />場末のキャバレーに藤原紀香がいるようなもので、他のホステス達も太刀打ちできない。<br /><br />もうここはブエナビスタのヒモ探しの予想となってしかたないのではないだろうか。<br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br /><br />
  • Date : 2009-04-12 (Sun)
  • Category : コラム
103

産経大阪杯見解

ここのところどうも予想の歯車が噛み合わない状態が続いている。なんとかこの少頭数のレース予想をきっかけに、調子を上げたいと思っている。まずは調教◎馬から。シャドウゲイト、ダイシングロウ、ディープスカイ、ドリームジャーニー、マツリダゴッホの5頭。以上の馬はそのまま馬券対象馬予想に残す。あと1頭付け加えたいのがマストビートゥルー。シャドウゲイトやダイシングロウと同じく配当妙味からの選出でもあるが、鞍上の浜... <br />ここのところどうも予想の歯車が噛み合わない状態が続いている。<br /><br />なんとかこの少頭数のレース予想をきっかけに、調子を上げたいと思っている。<br /><br />まずは調教◎馬から。<br /><br />シャドウゲイト、ダイシングロウ、ディープスカイ、ドリームジャーニー、マツリダゴッホの5頭。<br /><br />以上の馬はそのまま馬券対象馬予想に残す。<br /><br />あと1頭付け加えたいのがマストビートゥルー。<br /><br />シャドウゲイトやダイシングロウと同じく配当妙味からの選出でもあるが、鞍上の浜中騎手との相性が抜群。<br />阪神コースで前走の再現にならないか。<br /><br />馬券対象馬予想を整理すると以下のようになる。<br /><br />シャドウゲイト、ダイシングロウ、ディープスカイ、ドリームジャーニー、マツリダゴッホ、マストビートゥルー。<br /><br />このレース、ヴィクトリーが引っ張り、2番手にアドマイヤフジといったところか。<br /><br />マストビートゥルーも前に行きたいだけに、ペースはスローにはならないだろう。<br /><br />末足勝負になるなら、このメンバーではディープスカイは抜けた存在ではないだろうか。<br /><br />阪神コースも得意にしているだけに、やはりこの馬で決まりではないだろうか。<br /><br /><br /><CENTER><A HREF="http://gagaga-keiba.com/">ガガガ競馬</A><BR><A HREF="http://02.rknt.jp/clubk/">クラブケイバ</A><BR>連載中コラム</CENTER><br /><br /><br />
  • Date : 2009-04-05 (Sun)
  • Category : コラム
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。