プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

11

七夕賞追い切り情報

 古豪グラスボンバーが好気配を見せた。勝浦騎手を背に、南ウッドコースを単走。直線であん上の手綱が動くと、ラスト12秒6のフィニッシュを決めた。「前回と変わらず、いい感じです」と勝浦。追い出すとグンと頭が沈み、躍動感あふれるフットワークでゴールを駆け抜けた。福島では7戦して掲示板を外したのは1度だけ。七夕賞では2度の3着がある。「右回りは真っすぐ走る。だからロスのない競馬ができるのかな」と尾形師。8歳でもまだまだ元気いっぱいだ。

 荒れ馬場得意のナリタプレリュードが1発ムードを漂わせている。実戦は昨年の福島記念(2着)以来だが仕上がりは上々。この日のDウッドでは、いっぱいに追われて6ハロン83秒3-12秒4をマーク、外のファストパス(古馬400)と併入した。僚馬の方が勢いは勝っていたが、プレリュードはゴール前で差し返すしぶとさを見せた。

 福島TVオープンを差し切ったカネトシツヨシオーが連勝を狙う。この日はBコースを待ったままで6ハロン88秒3-11秒7と切れた。「輸送もあるしセーブ気味で。極端に馬場が悪くなって前残りの競馬にならばければ。心配はそのあたりだが、デキはいいよ」と佐藤助手。重賞初制覇の可能性は十分だ。

 関ヶ原S13着だったミヤビランベリが、右回りで巻き返しを狙う。9日はCウッドで余力タップリに6ハロン83秒1-13秒3。「前走は左回りで外に逃げ気味。なかなか右手前に替えなかった。スタミナもスピードもあるし、道悪もこなす」と加藤敬師。小回り向きの先行力と、53キロの軽量は不気味だ。

 トウショウヴォイスは南ウッドを単走で追い切られた。64秒7-12秒8(馬なり)。馬なりの調整だったが、首を使ったリズム感ある走りで好調をアピール。前走の好気配を維持している。小金沢助手は「気持ちの方が仕上がっているのでこれで十分。しっかり動いている」と上々の感触だ。

 ダブルティンパニーは南関東ナンバー1の戸崎騎手を確保。先週のラジオNIKKEI賞を制した内田騎手と同様に、豪腕に期待できる。この日は坂路で54秒0-13秒2をマークしてイアオニードル(古馬1600万下)にクビ差先着。「腹回りに余裕があるが使って良くなっている。戸崎騎手が厳しく競馬を進めてくれて、この馬の能力を余さず引き出してくれれば」と松田国師。エプソムC8着から前進がありそう。

 アルコセニョーラが右肩上がりに調子を上げてきた。単走での最終追い切りは南ウッドでラスト12秒7。しまい重点とはいえ脚色に最後まで余裕があった。騎乗した畠山助手は「だいぶ復調してきた。前走は半信半疑だったが、今回走ってくれれば、また面白くなる」と好調をアピールする。

 ポリトラックで5ハロン69秒3-12秒8のドリーミーオペラだが、軽めの調整は予定通り。竹部助手は「この前が少し仕上げ過ぎた感じ。その点を考慮して余裕残しで。体調はいいよ」と説明した。福島コースは昨夏に1000万勝ち。相性はいい。時計がかかるようなら一発が怖い。

日本最大級
携帯競馬サイト
CLUB KEIBA☆neo


〓CLUB KEIBA〓
無料メルマガ購読


スポンサーサイト
  • Date : 2008-07-10 (Thu)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。