プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

112

天皇賞見解



まずは調教◎馬から。

マイネルキッツ、ジャガーメイル、アルナスライン、トウカイトリック、ドリームジャーニー、モンテクリスエス、スクリーンヒーロー、ヒカルカザブエの8頭。

この中から、まずはマイネルキッツを消す。飛び抜けた存在がいない今回の天皇賞だが、その中でも役者としては見劣りがする。

次にジャガーメイルを切る。
調教で騎乗した石橋騎手が、『香港へ遠征する前のほうが良かったように思う』とのコメント。
先日の記事でも書いたように、ゴールデンウイークの真っ只中の大渋滞での移動も不安材料。

同じく関東からの移動組のスクリーンヒーローも消し。この馬は左回りのコースのほうが合っていると思うのだが…

次に老兵トウカイトリックも消し。
天皇賞の過去のデータでは7歳馬が(0-1-0-27)。今回もこのデータは活きる。

以上の4頭を消して、残った4頭は馬券対象馬予想に残す。

新たに馬券対象馬予想に加えるのが、まずはやはりアサクサキングス。
長距離のレースになればなるほど安定感が増す。京都コースとの相性も抜群。この馬が今回大負けするとはイメージ出来ないのだが…

次にホクトスルタンを加える。
先頭を引っ張るのはこの馬かテイエムプリキュアだろう。
昨年の天皇賞では逃げて、惜しい4着。ペースがスローに運べは、もしやもあるかもしれない。

配当妙味からゼンノグッドウッドを加える。奇をてらったわけではなく、血統的背景も後押ししての抽出とした。

以上を整理すると、馬券対象馬予想は以下のようになる。

アルナスライン、ホクトスルタン、ゼンノグッドウッド、ドリームジャーニー、モンテクリスエス、アサクサキングス、ヒカルカザブエの7頭。

荒れそうな匂いがプンプンするのだが…はたしてどうなることやら。

日本最大モバイル競馬サイトポータル
ガガガ競馬
クラブケイバ
競馬サイトBEST300
連載中コラム



スポンサーサイト
  • Date : 2009-05-02 (Sat)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。