プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

117

ブエナビスタを凱旋門賞へ…の思い



実にいい競馬だった。

昨年の天皇賞(秋)のウォッカとダイワスカーレットの叩き合いがフラッシュバックしたような感覚だった。

本当に強い。

『追い出すタイミングが遅かった』
『追い出しを迷ってしまった』
『自分のミス』

安藤勝騎手が何度も言っていたように、内を突こうか…外に廻そうか…その一瞬の迷いが、レッドディザイアとのハナ差になった。

桜花賞ではレッドディザイアがロスのないコース取りで伸びたのに対し、ブエナビスタは大外を回してのコース取りとなった。

今回も同じくレッドディザイアは内が伸びるコースコンディションを上手く突いて余裕で抜け出し、他馬との力の違いを見せ付けた。

しかしブエナビスタはそのはるか違う時限の競馬をした。

桜花賞を観戦した岡部元騎手が、『こんな強い女馬は見たことがない』と感想を述べた。

今回のオークスでも多分同じ感想を抱いたのではないだろうか。

こうなると、ウォッカとの対戦が、競馬ファンにとって興味がわくところだが、ウォッカは今年一杯で引退する。

現実味があるのは天皇賞(秋)となるが…

いや、それよりも凱旋門賞へ駒を進めてもらいたい。

ブエナビスタの関係者達は、『まずオークスを勝たなければ凱旋門賞なんて言ってられない』との談話だったが、これで現実味を帯びてきた。

『女ディープインパクト』の異名を持つブエナビスタ。

凱旋門賞のターフに立つ姿を見たいのは競馬ファンなら誰しもの思いではないだろうか。


日本最大モバイル競馬サイトポータル
ガガガ競馬
クラブケイバ
競馬サイトBEST300
連載中コラム



スポンサーサイト
  • Date : 2009-05-25 (Mon)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。