プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

14

アイビスSD出走馬情報

 今週新潟のメーンは「サマースプリントシリーズ第2弾」アイビスサマーダッシュ(G3、芝直線1000メートル、20日)。ここで重賞初制覇と、夏のスプリント女王を目標にしているエイムアットビップ(牝3、栗東・矢作)が好気配を漂わせている。  桜花賞、NHKマイルCは7、13着と距離の壁に泣いたが、スピードが生きる直線競馬は願ってもない条件だ。天性のスプリンターの資質を見せたのが、ファンタジーS(2着)。4角手前では10馬身近く離していたが、この時たたき出したラップは4ハロン45秒6、5ハロン56秒9。他馬が追いつけるスピードではなかった。コース替わりは間違いなく吉と出る。
全休日の厩舎に姿を見せた平木厩務員は「本当に落ち着いていて、いい雰囲気。今、クラを乗せて470キロぐらいあるから、体も成長しているんじゃないかな」。熱発などで順調さを欠いた春とは違う。スピードの違いで古馬を圧倒する。
 バーデンバーデンC7着のマルブツイースター(牡3、栗東・中尾正)が上昇ムードだ。野本厩務員は「1回使って『まるで反応が違っている』と助手は言っていた。前走はダートみたいな時計で馬場が向かなかった。レース後、ケロっとしていたし、走ってないよ」。昨年の小倉2歳Sの勝ち馬。53キロでの出走は魅力だ。

 左肩ハ行でテレビ愛知オープンを取り消したエムオーウイナー(牡7、栗東・服部)が急ピッチで乗り込まれている。坂路で53秒1をマークした9日に続き、13日にも51秒5の猛時計。「春の雰囲気に戻ってきている。これで復活してくれるんじゃないか。去年、順調さを欠いて出せなかったレースなので楽しみ」と宮田厩務員。

 カノヤザクラ(牝4、栗東・橋口)はスプリント重賞で2着2回、3着1回の実績が光る。しかもサンアディユなど強豪を相手に踏ん張ってきた。「夏場の方が走るよ。ちょっと前までは、冬毛が伸びていてトイプードルみたいだった(笑い)。毛ヅヤが良くなってきているし、もう力負けはしない」と山本厩務員は力が入っている。

 オートセレブ(牡6、栗東・沖)は3連勝した昨夏の勢いが戻るかがポイントになる。鼻出血を発症した昨年のスワンS(18着)から復帰後は、2ケタ着順が続いている。田原助手は「ここ2走は前の方で競馬した。走ってみないとわからないが、カーッとなりやすい気性で、直線1000メートルは合うかも」と条件変更に望みをつなぐ。

日本最大級
携帯競馬サイト
CLUB KEIBA☆neo


〓CLUB KEIBA〓
無料メルマガ購読




スポンサーサイト
  • Date : 2008-07-15 (Tue)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。