プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

311

フェブラリーステークス過去10年データから導く馬券対象馬予想 その1


■オススメ競馬予想サイト

『勝ち組の極意』は無料予想を提供しています。

空メール登録だけで毎週土日に無料で予想がご覧頂けます。

無料で儲かる競馬予想サイト『勝ち組の極意』

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

フェブラリーステークス過去データ

■攻略ポイント

(1)荒れない?

過去10年の1番人気馬は(7 0 1 2)と勝率7割、複勝率8割と優秀。
馬連平均配当も1717円と落ち着いている。

(2)前年のG1実績に注目

前年のG1勝ちが反映しやすい。ジャパンカップダートの1着馬は7頭出走して(3 1 2 1)、南部杯の1着馬は8頭出走して(3 2 1 2)、ジャパンダートダービーの1着馬馬は6頭出走して(3 2 0 1)。

(3)4歳、5歳馬が圧倒。

過去10年の連対馬20頭中16頭が4歳、5歳馬。6歳以上馬で連対した4頭はいずれも前年のダートG1を征していた実力馬だった。

(4)左回り実績

中山で開催された03年を除く連対馬18頭中17頭が、フェブラリーステークス前に左回りのG1で3着以内、もしくは左回りのG2、G3での連対歴があった。また優勝馬9頭中8頭は東京ダートでオープン勝ちか、重賞連対歴があった。例外はエスポワールシチーのみ。

(5)前走5着以内

2006年からの5年に絞ると、馬券になった30頭全てが前走5着以内だった。

(6)前走ダート2000m以上に注目

2006年以降の5年に限っては、前走がダートだった馬のうち2000m以上は(3 4 3 11)、一方1200~1800mは(2 1 2 45)。

(7)上がりの脚が重要

2006年以降の5年に限ると、上がりタイムが重要となることがわかる。
馬券に絡んだ15頭中14頭は、フェブラリーSにおいて上がりタイム3位以内だった。また前走がJRAのレースだった馬では、前走で上がりタイム3位以内であることが顕著。
3位以内(3 1 2 15)
4位以下(0 0 1 57)



■重賞レースの過去データや現役トラックマン提供予想等を無料で配信しています。
『まぐまぐ』から発行している完全無料のメルマガですのでご安心下さい。
メール解除も簡単に出来ます。

規約に同意して登録
解除


【メルマガ発行元】
日本最大モバイル競馬サイトポータル
ガガガ競馬
クラブケイバ



スポンサーサイト
  • Date : 2011-02-14 (Mon)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。