プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

40

キーンランドC追い切り情報

 キングストレイルは札幌芝コースでマチカネゲンジ(古馬1000万)と併せた。前半行きたがるのをなだめられながら、直線は外に出されて併入。軽快な動きで5ハロン64秒2、上がり3ハロン36秒6-11秒7をマークした。初コンビとなる四位騎手は「素直だけど内に秘めたものを感じる。これまでの競馬を見ているし、いいイメージがある」と好感触を得ていた。

 函館スプリントSをひとたたきしたプレミアムボックスが急上昇をアピールした。札幌ダートコースで3歳500万のショウナンサヴァンを2秒追走し、直線は内から力強く抜け出して1馬身先着。タイムは5ハロン66秒3、上がり3ハロン37秒4-12秒3。上原師は「しまいはビシッとやっておいた。函館よりも状態はいいと思う。出遅れなければ勝ち負け」と強気にコメントした。

 ルルパンブルーは北村友騎手を背に札幌ダートコースで追われた。3歳未勝利のコスモザグレートを追いかけ、直線は内外大きく離れて脚を伸ばして併入。「内にいって併せると速くなりすぎると思って」と北村友。5ハロン64秒9のタイムを聞くと「じゃあ、ちょうど良かった」と納得の表情を浮かべた。軽量を生かしての巻き返しには注意が必要だ。

 函館スプリントS2着のトウショウカレッジ(牡6、栗東・池添)は、万全の態勢をアピールした。追い切りは函館ウッドで併せ馬。テンから飛ばしたものの、ラストもしっかり伸びて2馬身先着した。時計は5ハロン63秒4、ラスト1ハロン12秒3。古小路助手は「動きは良かったね。前回といい意味で変わらない。どんな流れでもしまいは確実に差してくるので、うまく流れてくれればチャンスある」と強気に構える。

 5連勝と勢いに乗るマヤノツルギ(牡4、栗東・梅内)は、横山典騎手を背に函館ウッドで単走追い。終始馬なりだったが、直線であん上がアクションを起こすとラスト1ハロン12秒4(5ハロン65秒9)。他厩舎の馬とゴール前は併わせる形になったが、力強く伸びた。はじめて手綱を取った横山典は「さすが5連勝した馬だね。スピードがある」と絶賛。5連勝を決めた前走のUHB杯であっさりオープンの壁を突破。初の重賞挑戦も目が離せない。


日本最大級の携帯競馬サイト
クラブケイバ
http://02.rknt.jp/clubk/


スポンサーサイト
  • Date : 2008-08-28 (Thu)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。