プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

41

新潟記念追い切り情報

 休み明け3戦目のトウショウシロッコ(牡5、美浦・大久保洋)は坂路で3頭併せで追われ、手応え良く併入した。時計は36秒9-23秒7-11秒7。前走の函館記念は引っ掛かって13着と大敗したが、重賞2着2回の実績通り互角の力は持っている。大久保洋師は「折り合いをつけてしまいを生かす競馬ができれば楽しみある。3走前の東京戦が強かったし、左回りの方が良さそうだ」とコース替わりに望みを託した。

 夏男トウショウヴォイス(牡6、美浦・小桧山)が好調をキープしている。追い切りはウッドを単走で流し、5ハロン64秒9、ラスト37秒8-13秒1(強め)をマーク。腹回りに白い汗が浮かぶ。手綱を取った小金沢助手は「いい汗をかくから夏バテしない。直線に入って手前を替える時にもたもたするが、展開がはまれば上位に来られると思う」と勝算については控えめながら、状態には太鼓判を押した。昨年は10番人気で2着。得意コースだけに侮れない。

 マイネルキッツ(牡5、美浦・国枝)は後藤騎手が乗り、坂路でサトノプログレスと併せた。1馬身後方を追走。残り200メートルで抜き、ラストを11秒7でまとめた。「先週までは太い感じだったが、すっきりしてきた。小回りよりも広いコースの方が乗りやすい馬。重賞を取る素質は十分あるので、ある程度いい位置で運びたい」とジョッキーは力を込めた。オープン入りしてからエプソムC5着、七夕賞3着と善戦しており、三度目の正直が期待される。

 小倉記念2着のダイシングロウが、サマー2000シリーズのチャンピオンを狙う。水曜にDウッドを単走で追い切られると、しまいは上々の伸びを見せた。「動きは変わりないが、使ってきているから見えない疲れがあるんじゃないか」と松田博師は慎重な表情。前走は勝ったドリームジャーニーが強かったが、初のオープンでハンデ56キロと苦しい条件の中、2着に健闘した。「成長したな。前はひっかかるところがあったが、素直になった。

日本最大級の携帯競馬サイト
クラブケイバ
http://02.rknt.jp/clubk/

スポンサーサイト
  • Date : 2008-08-28 (Thu)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。