プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

48

神戸新聞杯見解

まずは調教◎の馬から。ディープスカイ、スエズ、ヤマニンキングリー、ブラックシェル、オウケンブルースリ。

神戸新聞杯を予想する上で欠かせないデータはやはり前走ダービー出走組であること。レースのレベルが高いのは言うまでもないが、距離の経験というのも大きい。

神戸新聞杯の過去10年のデータでは、ダービー出走組が(6‐5‐5‐18)となる。
また1番人気のデータは(5‐2‐2‐1)。ディープスカイにとってはかなり強いデータ的な後押しがある。

過去データの中で前走がダート戦の馬の連対は無し。また、前走が1800mのレースに出走していた場合の連対率も極めて低い。このデータから、調教◎であってもスエズとヤマニンキングリーは迷わず消す。

逆に馬券対象馬に加えたいのが、まずはスマイルジャック。ダービー2着の実績も輝かしいが、まんまとキャプテントゥーレに逃げ切られた皐月賞以外は安定した結果を残している。

次にミッキーチアフル。このレース、メンバー構成から考えると、ややスローになるのではないだろうか。ハナを切る馬がこの馬くらいしか見当たらないのだが…勝ちきることはないと思うが、馬券に残ることも考えられる。

次に穴っぽいところでエイシンブイダンスとアインラクス。距離延長でこの馬達の上がりの足が活きるかもしれない。

馬券対象馬を整理すると、ディープスカイ、ミッキーチアフル、ブラックシェル、スマイルジャック、オウケンブルースリ、アインラクス、エイシンブイダンスの7頭。

今年は実に豪華なメンバーが揃っての神戸新聞杯になった。
やはり勝ち負けはダービー組になるのではないだろうか。

日本最大級
モバイル競馬サイトネットワーク
クラブケイバ


ランキングエントリー中!


スポンサーサイト
  • Date : 2008-09-28 (Sun)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop