プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

66

マイルCS見解

まずは調教◎の馬から。キストゥヘヴン、サイレントプライド、スーパーホーネット、スズカフェニックス、ブルーメンブラッド、マイネルレーニア、マルカシェンク、ローレルゲレイロ。以上の8頭。
今回のメンバー構成を見て、まず考えられるのが、かなり早いペースになるということだ。
逃げることにしか活路がないコンゴウリキシオーを筆頭にマイネルレーニア、ローレルゲレイロ、サイレントプライド。
得意の1600に戻って、先行逃げ切り戦法に切り替えるであろうカンパニー。
1600なら掛かり癖も関係ないとばかりに、スマイルジャックも前に行くに違いない。
こうなればハイペースは必至。
後ろから来る馬にかなり有利な展開にはなるのだが、先行好位に付ける馬が、一筋縄ではいかない馬ばかりではある。

その筆頭がカンパニー。前走の天皇賞でのゴール前の追い込みは凄まじかった。今回は後ろからの競馬にはならないだろうが、先行しても最後の足はある。ここのところG1戦線でアドマイヤ軍団が鳴りをひそめているだけに、ここらあたりでアドマイヤ軍団のカンパニーが、その鬱憤を晴らすかもしれない。

連勝中のマイネルレーニアだが、鞍上の佐藤哲騎手自身も逃げるか、2番手あたりに付けるか、まだ迷っているらしい。しかし逃げてこそ本領を発揮する馬だけに、コンゴウリキシオーとの駆け引きは果たしてどうなるか…。レーニアは前々走のポートアイランドSの勝ち馬。スーパーホーネットがこのレースを勝ってから大成したように、レーニアもその可能性はある。

ローレルゲレイロは休み明けのスワンSで2着に好走。勝ったレーニアとはコンマ1秒差。終始三番手に付けながら、上がり34.1は優秀。

サイレントプライドだが、ここのところ重賞を連勝中。しかし前走の富士Sはレース自体のレベルが低いように思う。このサイレントプライドに限らず、富士S組は全て切る。

一昨年と昨年のマイルCSを勝った、マイルの絶対的王者ダイワメジャーが引退したことは、スーパーホーネットの関係者にとっては頭上の雲が流れ去り、晴れ間が覗いたような気分ではないだろうか。
昨年のマイルCSの2着馬スーパーホーネット、3着馬スズカフェニックスにとっては、なんとしても今年のマイルCSは勝ちに行きたいところだろう。

スーパーホーネットは安田記念惨敗のあと、休み明けの毎日王冠が圧巻の内容だった。そのあと天皇賞には目もくれず、このマイルCSに照準を絞ってきたところに、マイル王者奪還にかける関係者の意気込みがわかる。

スズカフェニックスは、このところ芳しい結果は残せていないが、大崩れしないところにこの馬の強みがある。最後は確実に伸びてくる末足にも衰えはない。スタートに難があることと、最近少しズブくなったようなレースぶりから、今はマイルのほうがこの馬に合っているのではないだろうか。

あと1頭加えたいのがカナダから参戦するラーイズアトーニー。勝てば1億円という破格のボーナスが追加で支払われるだけに、陣営の意気込みはかなりのものだそうだ。

以上、馬券対象馬予想を整理すると、ローレルゲレイロ、スズカフェニックス、マイネルレーニア、ブルーメンブラッド、ラーイズアトーニー、キストゥヘブン、カンパニー、スーパーホーネットの8頭になる。

日本最大級
競馬サイトネットワーク
クラブケイバ


ランキングエントリー中!

情熱競馬!

週刊ギャンブル

馬並み!ランキング


スポンサーサイト
  • Date : 2008-11-22 (Sat)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop