プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

80

有馬記念展望5

有馬記念の調教◎馬は以下の通り。

◎カワカミプリンセス
◎フローテーション
◎スクリーンヒーロー
◎メイショウサムソン
◎マツリダゴッホ
◎ドリームジャーニー
◎アサクサキングス
◎ダイワスカーレット

最終見解は明日にするが、この時点でアサクサキングスは切っておく。
天皇賞→ジャパンC→有馬記念のローテーションで馬券に絡んでくる馬は、過去のデータから見ても、名馬と呼ばれた馬達ばかりだ。アサクサキングスではやはり一枚も二枚も落ちる。ここで馬券に絡むとは考えにくい。

調教◎ではないが、アルナスラインも取捨に悩むところだ。
昨日の記事にも書いたが、アルゼンチン共和国杯を勝ったスクリーンヒーローとはコンマ2秒差の3着。スクリーンヒーローの勝ちタイムが歴代2位であることからも、アルナスラインのタイムはかなり優秀である。
しかもこの時の斤量が、スクリーンが53Kに対してアルナスは58Kを背負わされていた。5Kもの差があった。アルゼンチン共和国杯を予想した時、俺はスクリーンヒーローに◎を打った。やはりそれは斤量が53Kでかなり有利なこと、またアルナスラインの調教があまりにも悪かったのがアルナスの評価を落とさせた。
今回のアルナスラインの調教は◎ではないものの、アルゼンチン共和国杯の時の追い切りとは格段の違いがある。
しかも鞍上はペリエ。
人気もあまりないということからも食指が動く。

調教◎馬を基本に、若干の微調整をして馬券対象馬予想を書きたいが、やはり少しは『夢馬券』の期待も残したい。
買い目点数は多くなるが、何とかボックス馬券で勝負したいと思っている。

ダイワとゴッホで決まっては、おもしろくもなんともない。

日本最大級
競馬サイトネットワーク
クラブケイバ


『クラブケイバ』
オフィシャルメルマガ
完全無料予想配信
メルマガ登録はこちら

ランキングエントリー中!

情熱競馬!

週刊ギャンブル



スポンサーサイト
  • Date : 2008-12-26 (Fri)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。