プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

81

有馬記念見解

さて、馬券対象馬予想。

調教◎馬を念頭において、一頭づつ挙げていきたい。

まずはやはりダイワスカーレット。成長途上の3歳時で昨年の有馬記念2着。昨年からの上積みはとてつもなく大きく、4歳になった今年に出走した大阪杯と天皇賞を見ればその安定感は抜群。
現在のところ単勝は抜けた一番人気に支持されているが、それも頷ける。

次にマツリダゴッホ。中山コースではまるでこの馬の下にレールでも敷いてあるのかと思うほどよく走る。ただこの馬、古馬の一線級と戦って勝ったのは昨年の有馬記念のみ。その他のレースでは一枚落ち、二枚落ちの馬相手にしか勝っていないところが不安材料ではある。

次にスクリーンヒーロー。選択理由は先日の記事にも書いた通り、アルゼンチン共和国杯の勝ちタイムが優秀という下地があってのジャパンカップ勝ち。ジャパンカップを勝った馬を外す理由はない。

次にアルナスライン。これも先日の記事で書いた通り、アルゼンチン杯3着とはいえ、タイムは優秀。スクリーンヒーローとのハンデ差を考えれば、実力は互角かもしれない。

次にフローテーション。ステイヤーズSの2着というより、菊花賞2着に意義がある。勝ったオウケンブルースリとは差のない2着。ジャパンカップでのオウケンブルースリの健闘ぶりから考えても、今回馬券に絡む余地はある。

スクリーンヒーロー、アルナスライン、フローテーションの3頭を馬券対象馬予想にするのには他にも理由がある。
それはこの3頭はいずれも鞍上が外国人騎手であるということ。外国人騎手が有馬記念に騎乗するようになってから、外国人騎手が馬券に絡む確率は実に9割近くある。
ジャパンカップも同じデータで、今年はスクリーンヒーローのデムーロが馬券に絡んだ。
データからいけば、この3頭が馬券に絡む確率は極めて高い。

次に馬券対象馬予想にどちらを加えるか悩みどころだ。カワカミプリンセスにするか…メイショウサムソンにするか…
本来持っている実力からすればメイショウサムソンに軍配はあがるのだが、先日の記事に書いた、中山25000m重賞データでは1枠の連対率と複勝率が極めて高い。
ラチ沿いをロスなく走ってきたカワカミが、ゴール前でするするっと前に出る…とも考えられる。

一方、ムラ駆けするサムソンだが、今回あたりは激走する気もする。このレースを最後に引退するだけに、優勝とはいかないまでも、見せ場は作るような気もするのだが…

現在のオッズを見てみると…

カワカミが14.2。サムソンが6.8。

馬券的妙味から、馬券対象馬予想の最後の一頭はカワカミプリンセスにする。
実況アナウンサーの『やはり今年は牝馬だーー!』というセリフが聞こえないでもない(笑)

以上が馬券対象馬予想。

整理すると以下のようになる。
カワカミプリンセス、フローテーション、アルナスライン、スクリーンヒーロー、マツリダゴッホ、ダイワスカーレットの6頭。

やはり『夢馬券』を願って、6頭のボックスで馬連と3連単を狙ってみたい。ダイワとゴッホがコケればおもしろいのだが…

日本最大級
競馬サイトネットワーク
クラブケイバ


『クラブケイバ』
オフィシャルメルマガ
完全無料予想配信
メルマガ登録はこちら

ランキングエントリー中!

情熱競馬!

週刊ギャンブル


スポンサーサイト
  • Date : 2008-12-27 (Sat)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。