プロフィール

ガガガ競馬管理人

Author:ガガガ競馬管理人
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

94

きさらぎ賞見解


出走回避が続発して、なんとも寂しいきさらぎ賞になった。

こうなれば、あまり悩むこともないかと、一日早い見解をアップする。

まずは調教◎馬から。

リーチザクラウンとリクエストソングの2頭のみ。

もちろんこの2頭はこのまま馬券対象馬予想に残す。

圧倒的1番人気を背負うであろうリーチザクラウン。今回は控える競馬をすると、調教師も宣言していたが、ここまで出走頭数が少なくなると、自然に前へ行く形になるのではないだろうか。

そうなると、前走のようにゴール前で足元を掬われることもあるやもしれない。

有力馬であることを疑うわけではないが、アンライバルド、ブエナビスタと戦った、あの新馬戦があまりにもクローズアップされすぎではないか。

『歴史的新馬戦』などと、競馬マスコミは取り上げていたが、あの3頭の中で、ゴール前足色が1番悪かったのはリーチザクラウン。

前々走の千両賞では横綱相撲の競馬をしたが、負かした相手は全て後のレースでは目立った活躍はない。

それに比べて、新たに馬券対象馬予想に加えるベストメンバーは、前々走の京都2歳Sで4着ながら、勝馬とは0.2秒差。
リーチザクラウンを負かしたアンライバルドとはタイム差なし。

前走の寒竹賞では、馬場の荒れた中山で好タイム勝ち。

普通に走れば、馬券に絡むことが容易に想像できる。

リクエストソングも前走の内容が良かった。圧倒的1番人気のプロスアンドコンズを負かしたわけだが、プロスアンドコンズが、先週の共同通信杯でもう少し良い成績を残していれば、この馬の評価も上がったに違いない。

次に馬券対象馬予想に加えるのがハイローラー。

京成杯では勝馬と0.2秒差。ダートからの転向で、芝慣れした今回は上積みが期待できる。

次にダノンカモン。やはりこの馬は東スポ杯での好走が光る。

あくまでも現時点での評価だが、東スポ杯はレースとしての質が非常に高かった。

1着がナカヤマフェスタ、2着がブレイクランアウト、3着がサンカルロ。

以上の馬が、後にどのようなレースをしたかはあえて言うまでもない。

この馬達に続く4着は優秀である。

共同通信杯で4着に入ったマッハヴェロシティには大きく先着している。

前走は距離が短すぎたように思われ、東スポ杯と同じ距離の今回は大きく期待が持てる。

あともう一頭、先日の記事にも書いたキタサンガイセン…

といきたいところだが、この出走頭数で6頭ものピックアップは多過ぎるので、5頭に納めておく。

整理すると、馬券対象馬予想は以下のようになる。

ダノンカモン、ハイローラー、ベストメンバー、リーチザクラウン、リクエストソング。

結局人気どころばかりになってしまったが、このメンバーなら致し方ない。

リーチザクラウンが絶対とは思えないので、5頭ボックスといきたい。

日本最大級
競馬サイトネットワーク
クラブケイバ


『クラブケイバ』
オフィシャルメルマガ
完全無料予想配信
メルマガ登録はこちら

ランキングエントリー中!

情熱競馬!

週刊ギャンブル



スポンサーサイト
  • Date : 2009-02-13 (Fri)
  • Category : コラム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。